賃貸管理会社とは

賃貸管理会社には、マンション管理会社と、ビル管理会社とわかれています。マンション管理会社は、分譲マンションや賃貸マンションなどの集合住宅において、分譲マンションであれば、そのマンションの住人で組織されている管理組合から委託され、賃貸マンションであれば、そのマンションのオーナーから委託されて、マンションの管理業務を代行する会社です。委託内容は、その物件によってことなりますが、管理費の管理や、騒音などの住人同士のトラブルを仲裁したり、廊下やエントランスなどの共用スペースの管理を行います。分譲マンションの場合は、修繕積立金の管理も行うようです。

家主と管理会社が契約する際には、国家資格である管理業務主任者が、契約内容を説明し、契約後も、管理業務の処理状況をチェックしたり、分譲マンションの場合には、管理組合へチェック内容の報告などをおこないます。 ビル管理会社の場合は、ビルのオーナーが管理会社と直接契約するケースはあまりありません。

大抵は、専門事業者が請け負っています。ビルの市場の3割を官公庁の物件が占めているため、官公庁の発注がビル管理会社の業界に大きな影響を与えるようです。また、ビル管理会社の売上高の約半分が、東京に集中している都市型産業であると言えます。賃貸管理会社は、事業を初めて掃除会社などにアウトソーシングなどをすれば仕入れは発生しますが、初期投資はあまりかかりません。そこで、新規参入しやすいため、中小企業が事業者の大半を占めています。

~TOPIC~
借地権の更新手続きや更新料などの相談が無料で出来るサイトです >>> 借地権 更新